PEEPProject Work 2009-
  • Concept

    他者を知る、見るということ。

    人間は社会に生きる上で、仕事や地位に就き、
    またそれぞれの個人の空間や時間を持っている。
    私たちは、その社会において多くの人に出会う。
    そこで出会う人々について、私たちはどの位知っているだろうか?
    仕事姿だけを知っている人やプライベートな時間でしか会わない人など、
    彼らを断片的な側面しか知らないことがほとんどだと思う。
    私は、もう少し彼らについて知りたいと思った。
    仕事だけでなく、彼らのプライベートな空間や好きな時間について。

    タイトルの「PEEP」は「覗き見る、盗み見る」という意味である。
    私はただ一方的に、写真という媒体で彼らの生活を覗き見るのではなく、
    彼らもまたカメラの方を見つめ、
    主体性を持ち、こちらを見つめ返すという意味を込めたかった。
    タイトルの「PEEP」という反転は、その事を意図している。

    私たちは他者を知っているようで、全く知らない。
    私たちもまた一人の他者であり、他者を知ることとは、
    興味を持ってみることであり、見せることである。

    To understand and watch others.

    Though we live in society, we are located our jobs or standing and have our private or family spaces. We meet many people in the society.
    How many their informations do we know?
    I think we know only their fragmentry side, for example, only their working figure or their private time.I thought I want to know about their life a little. Not only their work but also their private space and favorite time.

    The meaning of title "PEEP" is "To peek furtively ; steal a quick glance". I wanted to include the meaning of which not I peep their life through a material of photograph one-sidedly only, but they watch at the camera, have self-direction and stare back at ours.
    The turning over the title "PEEP" means it.

    As we know about others, but nothing about them.we are one of others, so to understand others is gaze at them with great interest and to show oneself.